四ヶ伝 茶通箱(風炉) | つねの茶道お稽古ノート
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
四ヶ伝 茶通箱(風炉)
2種類の濃茶をお客様に差し上げるお点前。
お客様が濃茶を持ってきてくださり、用意していたものと両方飲んでもらうときなど。

棚があってもなくても可

箱の扱いは、物が入っている時は左手から、空の時は右手から。

 
〈準備〉
茶通箱に仕覆を着せた茶入、大津袋に包んだ利休棗を背中合わせに入れる。
楽茶碗に茶巾、茶筅、茶杓(中節)を仕組み、建水に蓋置き、柄杓を仕組む。

茶通箱を水指正面に運び出し、蓋を開けて左側に置く。
茶入を右側に出し、棗を左手の上で正面まで回し、深く持って箱中央に入れ蓋閉める。
箱を棚上段に置き、茶入を水指正面に荘って退出する。

(棚がない場合、箱は勝手付に置く)
(棚に棗が荘ってある場合、棗を下ろしてから箱をのせ、棗は持って下がる)

〈お点前〉
迎付の後、茶碗膝前で襖開け、点前座まで進み茶碗を勝手付、茶入を右に寄せて茶碗を置き合わせる。
続いて建水を持って入り襖を閉めて点前座に進む。
建水は手なりに下ろし、柄杓を構えて蓋置を定座に据え、柄杓を引いて主客総礼。
建水を定座に繰上げ、居ずまいただして一呼吸する。

茶碗を三手で正面やや向こう、茶入をその手前に置く。
茶入の仕覆を脱がせて湯の方に返し、棚上段に置く。

(棚がない場合、仕覆は勝手付の箱の上座)

四方捌きで帛紗を草に捌き、茶入を清めて茶碗の後座に置く。
帛紗捌き変えて茶杓を清め、茶入の蓋上に置き、茶筅を茶入の後座に出す。
茶碗を少し引き、茶巾を水指の蓋上に出す。

帛紗を左手に挟み柄杓を構えて釜の蓋を開け、帛紗は建水の下座に仮置き。
湯を汲んで置き柄杓、茶筅通しをして茶巾で茶碗を拭く。
茶杓を持ち、茶入から茶を三杓掬いだして残りを全て回し出す。
茶入れの口を拭って元の場所に置き、茶杓で茶を捌く。
水指の蓋を三手で開け、釜に水を差して湯を汲み切り柄杓、濃茶を練る。

定座に茶碗を出し、正客が一口飲んだら服加減を訊ねる。
返事を聞いたら客付に回って待機する。
正客が茶銘と詰を訊ねてくるので応える。

末客の飲みきりの音で正面に直り、茶巾を絞りかえ、帛紗を腰に吊る。
正客から「今一種のお茶を」と声が掛かる。
棚正面に躙って茶通箱を両手でとり、中心に戻って箱を左回しで横にして膝前に置く。
蓋を開けて手前に立てかけ、親指を右にして棗を取り出し箱の向こう側に置く。
箱に蓋をし、元の場所に戻す。

棗を膝前に置き直し、結び目をひとつ解く。
左手にうけてもうひとつ解き、右左と袋を割って棗を取り出し膝前に下ろす。
大津袋は上から半分にたたみ、仕覆の上に重ね置く。

(箱を勝手付に置いている場合、大津袋は箱の上に置く)

帛紗を取り、建水の上で塵うちをする。
草に捌いて棗を清め、棗を火窓の前に置き、帛紗を腰に吊る。

茶碗を取り込み主客総礼する。
湯を一杓汲んですぐに捨て、もう一杓汲んで小すすぎする。
茶巾で茶碗を拭き、茶杓を持ち、棗から茶を三杓掬いだして残りは傾けて出し、最後は掻き出す。
口の右半分を指で拭い、蓋をして元の場所に置く。
茶を三の字に捌いて、水を差さずに湯を汲み切り柄杓、濃茶を練る。

定座に茶碗を出し、正客が一口飲んだら服加減を訊ねる。
返事を聞いたら正面に向いたまま待機し、茶銘と詰の問答をする。
末客の飲みきりの音で釜に水を一杓差し引き柄杓。

正客から「先のお茶入れ、お仕覆の拝見を」の声かけ。(割乞い)
茶杓を水指の肩に預け、茶入を膝前へ、棗を左手で茶入の後座へ、茶杓を棗の上へ。
茶入を持って客付に回り、清めて拝見に出す。
正面に直り、仕覆ごと大津袋を左手に受け、大津袋のみ元に戻し、仕覆を客付から拝見に出す。

正客と末客が出会いで茶碗を返し、正客は拝見物を引く。
茶碗を取り込んで主客総礼。
湯を一杓汲んで捨て、「おしまいいたします」、水を一杓汲み引き柄杓、茶筅すすぎ。
茶巾を入れた茶碗を下ろし、茶筅入れ、茶杓を持ち建水を引く。
茶杓を清めて茶碗に伏せ、帛紗をはたいて腰に吊る。
棗を右に寄せ茶碗を置き合わせ、仕舞水、湯返しをして釜の蓋、水指の蓋を閉める。

正客から「お棗、お茶杓、大津袋、お箱ともに拝見を」の声が掛かる。
柄杓、蓋置を片付け、茶碗を勝手付に移動。
棗を持って客付に回り、清めて拝見に出す。(お茶入扱いの清め方)
茶杓、大津袋も同様に拝見に出し、棚正面に回って箱を取り、客付で正面を回して拝見に出す。

正面に直り、柄杓と蓋置を棚に飾り、建水を持って下がる。
続いて茶碗を持って下がり、次に茶入と仕覆を持って下がる。
水次を持ち出して水指に水を足し、茶道口に下がって襖を閉める。

拝見の品が返ったら点前座に進み、客正面を向いて座り問答する。
(茶入の形、窯元、仕覆の布地、仕立て、棗の塗り、茶杓の作、銘、大津袋の仕立て、箱のお好み、作)

箱を膝前に取り込み蓋を開け、棗をあしらって深く持ち中に入れ、蓋をする。
茶杓をその上にはすかいに置き、大津袋を上にのせる。
両手で箱を持ち茶道口に下がり、主客総礼、襖を閉める。

 
| つね | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:23 | - | - |
Comment








Trackback

Material: さくらぽっぷ
Template: "scarlet" by nonnon
Log in